保育園の食事

保育園の食事保育園の食事
 そよかぜ保育園では、厳しい安全基準と高い専門性により、質の高い給食を提供するため、株式会社LEOC(レオック)に給食調理業務を委託しています。
 「見る」「触れる」「体感する」で食への関心を広げ、子どもたちの心と体を育む毎日の給食を、楽しい雰囲気の中で、安心・安全においしく食べることができるようにしてまいります。

保育園給食とは

  • 授乳期、離乳期『初期(5~6か月頃)は1~2回、中期(7~8か月頃)は2回、後期(9~11か月頃)は2回、完了期(12~18か月頃)は牛乳+昼食+午後おやつ』、幼児期と、月齢・年齢によって食事内容・食形態・使用食材等が異なるのが特徴です。
  • 給与栄養量の目標を満たした上で、変化に富み、季節感のある献立とします。
  • 素材の味を生かした調味を基本とします。
  • 抵抗力の弱い子どもたちが対象であるため、特に衛生面には気を遣い、原則として野菜もすべて加熱しています。(トマトなど一部のものは除く)
  • 発育期にある子どもは、体が小さい割に多くのエネルギーや各栄養素を必要とします。しかし、一回に摂取できる食事の量には限度があり、また消化・吸収能力も未熟なため、おやつで補っています。従って、おやつも食事の一部と考えています。

食事回数と給与栄養量の割合

※給与栄養量は、1~2歳児は、昼食1日全体の約30%、おやつ約20%、3~5歳児は、昼食1日全体の約30~35%、おやつ約10~20%)、夕食(1日の約25%~30%)、補食(1日の約10%)を目安とする。
  • 12~18か月頃から3歳未満児
    保育園・・・牛乳+昼食+午後おやつ+(補食)=3食
    家 庭・・・朝食+夕食=2食
    合計:5回食
  • 3歳以上児
    保育園・・・昼食+午後おやつ+(補食)=2食
    家 庭・・・朝食+夕食=2食
    合計:4回食

特 徴

特徴特徴
  • 離乳食は、午前食、午後食、2回実施しています。
  • 3歳未満児は完全給食です。3歳以上児は、主食代徴収により主食も提供しています。
  • 補食、夕食を実施(登録制)しています。
  • 医師の診断や指示に基づき、食物アレルギー対応(除去食・代替食)をしています。
  • 宗教食等の対応もしています。
  • 母乳栄養も希望により受付しています。
  • 土曜日も平日と同じような献立を実施しています。

食育への取り組み

 給食だよりの発行、おはしの持ち方、食事のマナー、おたのしみ給食、行事食、お誕生会メニュー、野菜の収穫、調理保育など、年間を通して食育を実施しています。
Top