用紙類ダウンロード

説明文が入ります
説明文が入ります
 保育園は、乳幼児が集団で長時間生活を共にする場です。感染症の集団発症や流行をできるだけ防ぐだけでなく、子どもたちが一日快適に生活できるよう配慮する必要があります。園児がよくかかる下記の感染症について、登園の目安を参考に、かかりつけ医師の診断に従って、意見書(医師記入)や登園届(保護者記入)の提出をお願いいたします。
 
【登園に際しては、以下の配慮をお願いいたします】
1.園内での感染症の集団発症や流行につながらないこと
2.子どもの健康状態が、保育園での集団生活に適応できる状態に回復していること

意見書

感染症名 感染しやすい期間 登園の目安
麻しん(はしか)
発症1日前から発しん出現後の4日後まで
解熱後3日を経過していること
インフルエンザ 症状がある期間 (発症前24時間から発病後3日程度までが最も感染力が強い)
発病した後5日を経過し、かつ解熱した後、3日を経過していること
新型コロナウィルス感染症 発症後5日間 発病した後5日を経過し、かつ症状が軽快した後1日を経過すること
※無症状の感染者の場合は、検体採取日を0日目として、5日を経過すること
風しん 発しん出現の7日前から7日後くらい
発しんが消失していること
水痘(水ぼうそう) 発しん出現1~2日前から痂皮(かさぶた)形成まで
すべての発しんが痂皮(かさぶた)化してから
流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
発症3日前から耳下腺(じかせん)腫脹(しゅちょう)後4日
耳下腺、顎下腺、舌下腺の腫脹が発現してから5日をし、かつ全身状態が良好になっていること
結核
医師により感染の恐れがないと認められていること
咽頭結膜炎(プール熱) 発熱・充血などの症状が出現した数日間
発熱、充血などの主な症状が消失した後2日経過していること
流行性角(かく)結膜炎
充血、目やになどの症状が出現した数日間
結膜炎の症状が消失していること
百日咳(せき) 抗菌薬を服用しない場合、咳(せき)出現後3週間を経過するまで
特有の咳(せき)が消失していること又は適正な抗菌性物質製剤による5日間の治療を終了していること
腸管出血性大腸菌感染症(O157、O26、O111など) 医師により感染のおそれがないと認められていること。(無症状病原体保有者の場合、トイレでの排せつ習慣が確立している5歳以上の小児については出席停止の必要はなく、また、5歳未満の子どもについては、2回以上連続で便から菌が検出されなければ登園可能である)
急性出血性結膜炎
医師により感染の恐れがないと認められていること
侵襲性髄膜炎菌感染症(髄膜炎菌性髄膜炎)
医師により感染の恐れがないと認められていること

登園届

感染症名 感染しやすい期間 登園の目安
溶蓮菌感染症
適切な抗菌薬治療を開始する前と開始後1日間 抗菌薬内服後24~48時間経過していること
マイコプラズマ肺炎
適切な抗菌薬治療を開始する前と開始後数日間
発熱や激しい咳が治まっていること
手足口病 手足や口腔内に水疱・潰瘍が発生した数日間 発熱や口腔内の水疱・潰瘍の影響がなく、普段の食事が取れること
伝染性紅斑(りんご病)
発しん出現前の1週間
全身状態が良いこと
ウイルス性胃腸炎(ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスなど)、おなかの風邪
症状のある間と、症状消失後1週間(量は減少していくが数週間ウイルスを排泄しているので注意が必要)
嘔吐・下痢などの症状が治まり、普段の食事がとれること
ヘルパンギーナ
急性期の数日間(便の中に1カ月程度ウイルスを排出しているので注意が必要)
発熱や口腔内の水疱や潰瘍の影響がなく、普段の食事が取れること
RSウイルス感染症
呼吸器症状のある間
呼吸器症状が消失し、全身状態が良いこと
帯状疱しん
水疱を形成している間
すべての発しんが痂皮(かさぶた)化していること
突発性発しん
解熱し機嫌が良く、全身状態が良いこと
上記の病気に限らず、受診された時には、必ず医師に、保育園に通園していることを伝え、登園の目安を伺うようお願いいたします。
Top